東京きらぼしフィナンシャルグループの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 458億5300万 円
銘柄コード 7173(市場第一部(内国株))

東京TYフィナンシャル・グループは、その子会社の運用管理に従事しています。子会社を通じ、それは販売のサービス、定期的な割賦貯蓄や預金の受入れ、資金の貸付、手形の割引、為替取引、手渡しや転売を提供する預金、貸付、有価証券及び関連事業、コンピュータ関連のサービスや情報に関与していますその他の事業のうち、国債、地方債、政府保証債及びその他の有価証券、信託業務、引受及び募集。


2013年10月 株式会社東京都民銀行と株式会社八千代銀行(以下、総称して「両行」という。)は、「経営統合の検討に関する基本合意書」を締結
2014年5月 両行は、「経営統合契約書」を締結するとともに「株式移転計画」を作成
2014年6月 両行の定時株主総会において、両行が共同株式移転の方式により東京きらぼしフィナンシャルグループを設立し、両行がその完全子会社になることについて承認決議
2014年10月 両行が共同株式移転により東京きらぼしフィナンシャルグループを設立
2015年6月 東京きらぼしフィナンシャルグループと株式会社新銀行東京(以下、総称して「両社」という。)は、「経営統合の検討に関する基本合意書」を締結
2015年9月 両社は、「株式交換契約書」及び「経営統合契約書」を締結
2015年11月 両社の臨時株主総会及び種類株主総会において、東京きらぼしフィナンシャルグループを株式交換完全親会社、株式会社新銀行東京を株式交換完全子会社とする株式交換の方式により経営統合を行うことを内容とした株式交換契約について承認決議
2016年4月 株式交換の方式により両社が経営統合し株式会社新銀行東京が東京きらぼしフィナンシャルグループの完全子会社化
2016年6月 三井住友信託銀行株式会社と業務・資本提携契約を締結
2016年8月 東京きらぼしフィナンシャルグループの完全子会社である株式会社東京都民銀行、株式会社八千代銀行及び株式会社新銀行東京の、関係当局の許認可の取得等を前提とした2018年5月1日の合併について決議
2016年9月 株式会社横浜銀行及び三井住友信託銀行株式会社との株式譲渡契約締結により、スカイオーシャン・アセットマネジメント株式会社を持分法適用関連会社化
2017年4月 グループ会社の株式会社とみん経営研究所を東京きらぼしフィナンシャルグループ完全子会社化し、商号を株式会社きらぼしコンサルティングに変更
2017年11月 東京きらぼしフィナンシャルグループグループ会社としてきらぼしテック株式会社を設立
2018年2月 東京きらぼしフィナンシャルグループの完全子会社である株式会社東京都民銀行、株式会社八千代銀行及び株式会社新銀行東京が合併契約を締結
2018年4月 東京きらぼしフィナンシャルグループの完全子会社である株式会社東京都民銀行、株式会社八千代銀行及び株式会社新銀行東京は、合併に係る認可並びに信託業務の兼営等に係る認可を取得
2018年5月 東京きらぼしフィナンシャルグループの完全子会社である株式会社東京都民銀行、株式会社八千代銀行及び株式会社新銀行東京が合併し、株式会社きらぼし銀行が発足
2018年9月 東京きらぼしフィナンシャルグループ完全子会社としてきらぼしキャピタル株式会社を設立