沖電気工業 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 736億9900万 円
銘柄コード 6703(市場第一部(内国株))

沖電気工業株式会社は東京虎ノ門に本社をおく企業。1881年に沖牙太郎が明工舎を設立、日本最初の電子通信機器メーカーとして創業し、初の国産電話機「顕微音機」を開発した。1955年12月には国内で初めて、波長7㎜のミリ波を発生させるマグネトロンの開発に成功。3年後にはミリ波を連続的に発生させる機器、「電子管クライストロン」の開発にも成功。現在はATMなどのメカトロシステムやプリンターを国内外に提供。


事業内容とビジネスモデル