ミクシィ 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 2213億9300万 円
銘柄コード 2121(市場第一部(内国株))

株式会社ミクシィは東京都渋谷区に本社をおくインターネット企業。1997年にWeb系求人情報サイト「Find Job !」の運営を開始し、2004年にSNS「mixi」の運営を開始、2006年にマザーズ上場。現在の主力事業はスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」。その他にも「家族アルバム みてね」、マッチングサイト「YYC」、日本最大級のチケットフリマ「チケットキャンプ」など多くのサービスを運営。

事業概要

ミクシィグループは、株式会社ミクシィ、連結子会社20社により構成されている。

展開する事業は「エンターテインメント事業」と「ライフスタイル事業」の2つである。

「エンターテインメント事業」については、スマートフォンネイティブゲームを中心としたゲームの提供などを行っており、主にユーザーからの有料サービス利用料を収益源に事業展開している。

「ライフスタイル事業」については、インターネットを活用した人々の生活に密着したサービスの運営を行っており、ユーザーからの有料サービス利用料や企業側からの広告料を収入源として事業展開している。

経営方針

株式会社ミクシィの中期経営方針は、「エンタメ × テクノロジーの力で、世界のコミュニケーションを豊かに」である。

これまでは「コミュニケーションサービス」を事業ドメインとして、デジタルエンターテインメント領域やライブエクスペリエンス領域、スポーツ領域などに事業投資を行ってきたが、改めてエンターテインメント事業を主力事業に定め、「モンスターストライク」の収益規模の拡大とスポーツ事業の収益成長を最重要事項に位置付けて経営していく方針である。

「モンスターストライク」の収益維持拡大には、あらゆるユーザーが楽しめるようなゲームへの改良や魅力的なIPとのコラボレーション、関連するアニメやマーチャンダイジングなど「モンスターストライク」に関わる事業全体のメディアミックス戦略を根本的に見直していく方針である。

またスポーツ事業については、子会社であるネットドリーマーズ、チャリ・ロトなどの成長加速や共同事業開発の推進によって事業拡大を図っていく方針である。

その他のサービスについては、全体の利益を鑑みて一定の投資は行うものの、市場環境の変化などによって成長戦略を描けなくなった事業に関しては早いタイミングでの撤退などを行い、選択と集中を進めていくとしている。

株式会社ミクシィでは、高い成長性と利益の創出を目指す観点から、経営指標においては売上高及びEBITDA(営業利益、減価償却費、のれん償却額の合計)の向上を目指す。