オーネックスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 15億6200万 円
銘柄コード 5987(JASDAQ(スタンダード・内国株))

株式会社オーネックスは神奈川県厚木市に本社をおく金属の熱処理加工を行う会社。昭和25年に大同熱処理工業として創業。昭和33年には浸炭焼入れ方法を固形浸炭方法から、ガスを用いるガス浸炭方法への転換開始。昭和46年より研究室を設け専任研究員をおいて技術開発に着手。昭和49年には軽合金課を設置し、非鉄金属の熱処理を開始。平成9年株式を店頭公開。現在も自動車、産業機械、工作機械、建設機械関連部品をはじめとして幅広い分野の熱処理を手がける。


1951年8月 個人事業大同熱処理工業所を母体に発展させ、東京都大田区雪ヶ谷に大屋熱処理株式会社(現:株式会社オーネックス)を設立、東京都大田区仲池上で操業を開始
1953年4月 高周波焼入れ部門の操業を開始
1958年12月 浸炭焼入れ方法を固形浸炭方法から、ガスを用いるガス浸炭方法への転換を始める(1965年10月には完全に転換)
1967年6月 神奈川県厚木市の内陸工業団地に工場用地取得
1968年4月 厚木工場操業開始
1969年9月 騎西工場操業開始
1971年4月 金属熱処理の技術の研究・開発のため研究室を設置(現:技術研究所)
1972年1月 大屋運輸株式会社(現:株式会社オーネックスライン)設立
1973年12月 山口県厚狭郡山陽町(現:山陽小野田市)に工場用地取得
1974年9月 厚木工場に軽合金課を設置し、非鉄金属の熱処理を開始
1976年9月 山口工場操業開始
1976年10月 本店を神奈川県厚木市上依知字上ノ原3012番地3に移転
1978年6月 大屋技研株式会社(現:株式会社オーネックスエンジニアリング)設立
1978年12月 埼玉県東松山市の東松山工業団地に工場用地取得
1980年7月 東松山工業団地に騎西工場の設備(高周波部門を除く)を移転すると共に、新たな設備も設置して東松山工場の操業開始
1984年8月 山陽大屋熱処理株式会社(現:株式会社オーネックス山口工場)を設立
1985年12月 厚木工場が工業標準化法に基づく日本工業規格(JIS)許可工場となる
1986年1月 長野県上田市の塩田工業団地に用地取得
1986年12月 東松山工場が工業標準化法に基づく日本工業規格(JIS)許可工場となる
1987年11月 信濃冶金化学株式会社を買収し、社名を長野大屋熱処理株式会社(現:株式会社オーネックス長野工場)とする
1989年8月 騎西工場の高周波部門を東松山工場に統合し、騎西工場を閉鎖
1991年6月 CIをグループ全体で実施し、社名を株式会社オーネックスとする
1991年10月 株式会社オーネックス長野を長野県上田市の塩田工業団地に移転
1997年2月 日本証券業協会に株式を登録
1998年10月 株式会社オーネックス山口の山口工場がISO9001の認証を取得
2000年3月 株式会社オーネックス長野を解散・清算し、新たに長野工場とする
2000年8月 東松山工場がISO9001の認証を取得
2000年12月 厚木工場がISO9001の認証を取得
2004年1月 株式会社オーネックス山口を吸収合併し、山口工場とする
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005年4月 厚木工場がISO14001の認証を取得
2005年9月 東松山工場がISO14001の認証を取得
2006年4月 長野工場がISO9001の認証を取得
2006年7月 山口県山陽小野田市の新山野井工業団地に用地取得
2007年2月 山口第二工場操業開始
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現東京証券取引所JASDAQスタンダード)に上場
2013年1月 株式会社オーネックスエンジニアリング解散
2013年12月 厚木工場及び東松山工場がISO/TS16949の認証を取得
2014年5月 株式会社オーネックステックセンターを設立
2015年12月 株式会社オーネックステックセンター三重工場操業開始及び株式会社オーネックス三重営業所開設(三重県亀山市 亀山・関テクノヒルズ工業団地)
2016年3月 株式会社オーネックスライン三重営業所開設(同上)
2017年12月 本社機能の一部を東京都町田市森野一丁目7番23号に移転
2019年9月 本店を東京都町田市森野一丁目7番23号に移転