長府製作所の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 809億2000万 円
銘柄コード 5946(市場第一部(内国株))

株式会社 長府製作所は山口県下関市に本社をおく企業。1954年に設立され、農機具の製造を開始。1960年、発展の基礎となる石油バーナーを開発し、1963年家庭用温水ボイラの製造を開始、住設分野へ進出。1965年には温風機、1966年石油ストーブ、風呂釜の製造を開始。1972年冷房分野へ進出。1979年広島証券取引所に上場し、同年太陽熱温水器、電気温水器、翌年石油ファンヒーターの製造を開始。1996年大証二部、1997年東証二部、1998年には東証・大証一部に上場。


1954年7月 資本金 500万円をもって株式会社長府製作所を設立
1963年5月 栃木県塩谷郡高根沢町に栃木工場を建設
1963年11月 全自動温水ボイラを開発し、セントラルヒーティング部門に進出
1967年2月 港町工場(下関市長府港町)建設
1971年11月 本社事務所を港町工場内に新築移転
1973年6月 才川工場(下関市長府扇町)建設
1974年3月 ステンレス浴槽の製造を開始し、住宅機器総合メーカーをめざす
1976年2月 家庭用ルームエアコン製造開始
1976年9月 滋賀工場建設
1977年9月 盛岡営業所開設
1979年1月 株式額面変更のため、1950年4月16日設立された株式会社長府製作所
1979年9月 太陽熱温水器の製造開始
1980年12月 香川工場建設
1981年3月 清原工場(宇都宮市)建設
1981年7月 本社事務所を才川工場内に移転
1983年4月 東京営業所開設
1983年9月 大阪営業所開設
1984年6月 ガス給湯器の製造開始
1985年3月 名古屋営業所開設
1985年7月 千葉営業所開設
1985年9月 栃木工場を清原工場へ統合し、宇都宮工場に改称
1986年10月 横浜営業所開設
1989年6月 人工大理石浴槽の製造開始
1991年7月 システムバスの製造開始
1992年10月 仙台営業所開設
1994年12月 本社事務所新築
1995年11月 沖縄・金沢営業所開設
1996年4月 福岡・岡山営業所開設
1997年3月 大宮営業所開設
1997年9月 広島営業所開設
1997年11月 東京証券取引所市場第二部に上場
1998年3月 本社に研究棟(技術センター)建設
1998年6月 東京証券取引所市場第一部に指定
2000年3月 落水式太陽熱温水器の製造開始
2002年3月 香川工場を本社工場へ統合
2002年10月 CO2ヒートポンプ給湯機(エコキュート)製造開始
2003年2月 家庭用ガスコージェネレーションシステム(エコウィル)製造開始
2004年8月 大阪営業所を大阪支店に改称
2006年1月 東京支店開設
2007年1月 潜熱回収型石油給湯器(エコフィール)製造開始
2007年7月 サンポット株式会社(現・連結子会社)の全株式取得
2008年8月 太陽熱利用給湯システム(エネワイター)の製造開始
2009年4月 ヒートポンプ式冷温水熱源機(エネフロー)の製造開始
2009年5月 家庭用燃料電池(エネファーム)の製造開始
2009年12月 ヒートポンプ式空調システム(床下エアコン)の製造開始
2010年4月 高効率ガスふろ給湯器(エコジョーズ)製造開始
2011年3月 デシカント24時間換気システムの製造開始
2012年9月 松本営業所開設
2013年4月 大規模太陽光発電(メガソーラー)の発電開始
2015年3月 福岡支店開設
2015年12月 株式会社ノーリツとの資本・業務提携を締結
2017年3月 株式会社大阪テクノクラート(現・連結子会社)の全株式取得
2018年1月 エンジニアリング部門の新設
2020年1月 「おうち快適アプリ」サービス開始