日本製罐の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 15億7300万 円
銘柄コード 5905(市場第二部(内国株))

日本製罐株式会社は埼玉県さいたま市に本社をおく企業。大正14年に東京都本所区にて前身である川俣製罐所が設立。昭和17年に日本製罐株式会社を買収し、社名を日本製罐株式会社とする。昭和18年帝都錻力製罐株式会社を合併。昭和20年には戦災により全工場を焼失。昭和32年株式会社玉川を合併し、昭和38年東証二部に上場。昭和54年加藤製罐株式会社を合併。平成14年には川鉄コンテイナー株式会社(現JFEコンテイナー株式会社)と18L缶事業をコア事業とした包括的な業務提携。


1925年9月 東京都本所区に川俣製罐所を設立(日本製罐株式会社の前身)
1942年11月 日本製罐株式会社(1925年6月設立、資本金10万円)を買収、社名を日本製罐株式会社とする
1943年11月 帝都錻力製罐株式会社を合併
1945年3月 戦災により全工場焼失
1945年11月 埼玉県大宮市寿能町に本社工場を新設
1950年3月 本社工場内に印刷工場を新設
1957年12月 株式会社玉川を合併
1963年12月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1966年7月 千葉県東金市に千葉工場を新設
1968年6月 埼玉県大宮市に吉野町工場を新設
1972年12月 本社を吉野町工場に移転、旧本社を寿能工場とする
1975年9月 千葉県山武郡九十九里町に千葉工場を移転
1976年11月 埼玉県久喜市に久喜工場を新設
1979年6月 加藤製罐株式会社を合併、横浜工場とする
1999年3月 太陽製罐株式会社の株式所有割合を60.0%へ引き上げ子会社とする
1999年11月 横浜工場を閉鎖
2000年12月 本社に18L缶工場を新設し、久喜工場を閉鎖
2012年4月 太陽製罐株式会社とJFE製缶株式会社の経営統合を行いJNMホールディングス株式会社の100%子会社とする
2013年4月 JNMホールディングス株式会社と太陽製罐株式会社、JFE製缶株式会社を合併し新生製缶株式会社を設立
2016年7月 新生製缶株式会社の株式所有割合を51.0%へ引き上げ子会社とする