リョービ【5851】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

361億700万円

リョービ【5851】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

361億700万円

沿革

1943年12月 ダイカスト製品の製造を目的として株式会社菱備製作所を設立。
1944年2月 ダイカスト製品の製造を開始。
1954年3月 プラスチック製品の製造を開始。
1960年6月 広島証券取引所(現 東京証券取引所)へ株式を上場。
1961年10月 東京、大阪両証券取引所へ株式を上場。
1961年12月 オフセット印刷機の製造を開始。
1962年9月 静岡工場の操業を開始。
1963年4月 ダイカスト製ドアクローザの製造を開始。
1966年5月 アルミニウムダイカスト製品の製造会社として三良坂工業株式会社(現 リョービミラサカ株式会社)を設立。
1966年8月 亜鉛ダイカスト・プラスチック製品の製造会社として御調工業株式会社(現 リョービミツギ株式会社)を設立。
1966年9月 釣用リールの製造を開始。
1968年10月 電動工具の製造を開始。
1970年8月 書体の開発・販売、印刷機の販売会社 株式会社晃文堂(のち リョービイマジクス株式会社)に資本参加。
1971年5月 電動工具の販売会社 東和電器株式会社(現 京セラインダストリアルツールズ販売株式会社)に資本参加。
1973年9月 株式会社菱備製作所をリョービ株式会社に社名変更。
1975年12月 コーポレートアイデンティティ(CI)システムを導入。
1980年1月 東京に新社屋を建設し、広島・東京の二本社制を敷く。
1982年4月 オーストラリアに電動工具、建築用品等の販売会社としてリョービオーストラリアPTY.LTD.を設立。
1985年6月 米国にダイカスト製品の製造・販売会社としてシェラー・リョービCORP.(現 リョービダイキャスティング(USA),INC.)を設立。
1985年9月 アルミニウム二次合金地金の製造・販売会社として生野株式会社を設立。
1986年1月 東京本社別館(現 東京支社)を建設。
1986年12月 米国の園芸用機器の製造・販売会社イナーシャダイナミクスCORP.(1992年1月 リョービアウトドアプロダクツINC.に社名変更)に資本参加。
1988年8月 米国にリョービモータープロダクツCORP.を設立し、シンガーCO.の電動工具部門の全資産を買収。
1989年1月 フランスに電動工具等の販売会社としてリョービヨーロッパS.A.を設立。
1989年2月 アルミニウム鋳物、ダイカスト製品の製造・販売会社 株式会社東京軽合金製作所に資本参加。
1990年2月 米国に電動工具等の販売会社としてリョービアメリカCORP.を設立。
1990年5月 英国にダイカスト製品の製造・販売会社としてリョービアルミニウムキャスティング(UK),LIMITEDを設立。
1994年1月 中国に電動工具、建築用品の製造・販売会社として良明(大連)机器有限公司(現 京瓷利優比(大連)机器有限公司)を設立。
1994年4月 コーポレートアイデンティティ(CI)システムを見直し、新しいコーポレートロゴ・カラーを制定。
1999年12月 広島東工場の敷地内に印刷機器の新工場を建設。
2000年3月 東京本社ビルを売却。
2000年6月 米国で園芸用機器を製造・販売するリョービアウトドアプロダクツINC.他3社を米国のMTDプロダクツINCへ営業譲渡。
2000年8月 米国で電動工具を製造・販売するリョービモータープロダクツCORP.、リョービアメリカCORP.他2社を香港のテクトロニックインダストリーズCO., LTD.へ営業譲渡。
2000年9月 釣具事業を株式会社上州屋へ営業譲渡。
2001年8月 欧州で電動工具、園芸用機器を販売するリョービヨーロッパS.A.他1社を香港のテクトロニックインダストリーズCO.,LTD.へ譲渡。
2002年3月 オセアニアで電動工具、園芸用機器、建築用品を販売するリョービオーストラリアPTY.LTD.他1社を香港のテクトロニックインダストリーズCO.,LTD.へ譲渡。
2002年5月 スポーツ用品(ゴルフクラブ)の製造・販売を終結。
2005年4月 中国にダイカスト用金型及びダイカスト製品の製造・販売会社として利優比圧鋳(大連)有限公司を設立。
2007年4月 メキシコにダイカスト製品の製造会社としてアールディシーエム,S.de R.L.de C.V. を設立。
2010年11月 中国にダイカスト製品の製造・販売会社として利優比圧鋳(常州)有限公司を設立。
2011年5月 タイにダイカスト製品の製造・販売会社としてリョービダイキャスティング(タイランド)CO.,LTD.を設立。
2012年4月 リョービイマジクス株式会社を吸収合併。
2014年1月 印刷機器の製造・販売会社として三菱重工印刷紙工機械株式会社(現 三菱重工機械システム株式会社)との合弁会社であるリョービMHIグラフィックテクノロジー株式会社を創業。
2014年10月 中国にダイカスト用金型及びダイカスト製品の販売会社として利佑比(上海)商貿有限公司を設立。
2018年1月 パワーツール事業を京セラ株式会社へ営業譲渡。
2018年4月 アルミニウム関連製品の製造・販売会社 旭テックアルミニウム株式会社の発行済株式の全部を取得し、同社及びその子会社のアルミニウム鍛造製品の製造・販売会社 豊栄工業株式会社を子会社化。
2018年6月 決算期を3月31日から12月31日に変更。
2019年4月 旭テックアルミニウム株式会社を吸収合併。