大阪チタニウムテクノロジーズの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 302億5000万 円
銘柄コード 5726(市場第一部(内国株))

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズは兵庫県尼崎市に本社をおく企業。1937年に大阪特殊製鉄所として設立。1951年金属チタンの製造研究を開始し、1952年日本初のチタン試験工場が完了、住友金属工業株式会社が資本参加して商号を大阪チタニウム製造株式会社に変更。1980年最初の新型電解槽完成(マルチポーラーセル方式)。2002年商号を住友チタニウム株式会社に変更し、東証二部に上場。2005年東証一部に指定。


1997年5月 大阪チタニウム製造㈱を母体とする住友シチックス㈱(1998年10月に住友金属工業㈱と合併)の全額出資により、商号を㈱シチックス尼崎として、大阪チタニウムテクノロジーズが設立されました。
1997年10月 住友シチックス㈱より金属チタン・ポリシリコン・チタン及びシリコン関連開発商品の製造・販売に関する営業譲渡を受け、商号を㈱住友シチックス尼崎に変更。同時に操業を開始いたしました。
1999年4月 ㈱鹿島ビジネスサービス(形式上の存続会社)(本店の所在地:大阪市中央区北浜4丁目5番33号、資本金:10百万円、1株の額面金額:500円)と合併し、法手続き上は解散いたしました。当該合併会社が、実質上の存続会社である大阪チタニウムテクノロジーズの事業をそのまま継承し、商号を「㈱住友シチックス尼崎」に変更いたしました。
2002年1月 商号を「住友チタニウム㈱」に変更いたしました。
2002年3月 東京証券取引所市場第二部に株式上場いたしました。
2005年3月 東京証券取引所市場第一部に株式上場いたしました。
2007年10月 商号を「㈱大阪チタニウムテクノロジーズ」に変更いたしました。
2009年6月 岸和田製造所を開設いたしました。
2019年1月 ポリシリコンの製造を終了いたしました。