エス・サイエンスの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 38億4600万 円
銘柄コード 5721(市場第一部(内国株))

株式会社エス・サイエンスは東京銀座に本社をおく企業。1946年に設立され、翌年より硫酸銅の生産販売を開始。1949年硫酸ニッケル、1950年ニッケル地金の生産販売を開始し、1956年大証一部に上場。1998年環境事業へ進出し、科学技術振興事業団から「高速汚泥コンポスト化システム」の開発を受託。2006年教育関連事業 株式会社フェリックスを吸収合併。現在は金属事業、教育事業、不動産事業、環境事業を展開。


1946年4月 千葉県茂原市において協同産業㈱を受け継ぎ志村化工株式会社(資本金10万円)を設立し硫酸銅事業計画に着手。
1946年12月 東京都板橋区志村に移転。
1947年4月 硫酸銅生産販売開始。
1948年9月 ニッケル事業計画に着手。
1949年1月 硫酸ニッケル生産販売開始。
1950年1月 ニッケル地金生産販売開始。
1951年12月 東京都板橋区長後町(現在の板橋区東坂下)に移転。
1952年3月 ニッケル新工場完成。
1953年12月 資本金2億4千万円で東京証券取引所の市場第一部に上場。
1963年1月 東京板橋区に志村工事㈱を設立(1975年4月社名を志村産業㈱に変更)
1968年12月 北海道伊達町(現在の伊達市)にて工場用地買収。
1969年6月 伊達町にフエロニッケル工場新設。
1979年7月 東京都板橋区東坂下にニッケルの梱包、切断及びニッケル塩類製造工場完成(借地)。
1979年10月 旧ニッケル工場跡地売却。
1982年12月 フエロニッケル操業終結。
1985年11月 伊達工場跡地の整地完了。
1990年3月 定款を変更し、事業目的に「貸金業」等5項目を追加。
1992年6月 宅地建物取引業の免許を取得し、営業活動開始。
1996年9月 特定建設業の許可を受け、営業活動開始。
2000年6月 定款を変更し、事業目的に「磁石・磁気素材の製造販売」等3項目を追加。
2001年6月 定款を変更し、事業目的に「金属粉末の製造販売」を追加。
2002年1月 静岡県御殿場市深沢に磁石・金属微粒子製造工場新設。
2003年6月 定款を変更し、事業目的に「学力養成及び進学指導に関する学習塾及び一般教養、趣味等に関する文化教室の経営並びに開設・運営に関するコンサルティング」等4項目を追加。
2003年10月 社名を株式会社エス・サイエンスに変更(本店所在地を東京都板橋区から千代田区に変更)。
2004年9月 株式会社ウインの株式の過半数を取得。
2005年3月 株式会社修学社の株式の過半数を取得。
2005年3月 金属微粒子製造部門である御殿場工場を譲渡。
2006年3月 株式会社フェリックスを吸収合併。
2007年3月 教育事業部・関東本部を譲渡。
2007年9月 建設事業の廃止。
2011年4月 本店を東京都千代田区から東京都中央区に移転。
2013年8月 工場を東京都板橋区から埼玉県川口市に移転。