三菱マテリアルの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 2699億4800万 円
銘柄コード 5711(市場第一部(内国株))

三菱マテリアル株式会社は東京大手町に本社をおく企業。1871年九十九商会(三菱商会の前身)が紀州新宮藩の炭鉱を租借し、鉱業部門に進出。1873年には三菱商会(三菱合資会社の前身)が吉岡鉱山を買収、金属鉱山事業に進出。その後1918年三菱鉱業(株)を設立し、三菱合資会社より炭鉱部、鉱山部、研究所を継承。1921年東京株式取引所に株式上場。1976年セラミックス電子部品の製造販売を開始。1999年には家電製品リサイクル事業に進出。


1871年5月 九十九商会が紀州新宮藩の炭坑を租借し、鉱業事業に着手
1873年12月 三菱商会が吉岡鉱山を買収、金属鉱山の経営に着手
1893年12月 三菱合資会社設立(岩崎家事業会社組織となる)
1917年4月 鉱業研究所(現中央研究所)設置
1918年4月 三菱鉱業㈱設立(三菱合資会社より鉱業関係の資産を継承)
1920年5月 苅田工場(現九州工場)設置
1944年1月 新潟金属工業所(現㈱ダイヤメット)設立
1947年5月 菱光産業㈱(現三菱マテリアルトレーディング㈱)設立
1949年5月 三菱鉱業㈱が東京証券取引所に上場
1950年4月 三菱鉱業㈱より金属部門が分離、太平鉱業㈱発足
1952年12月 太平鉱業㈱が三菱金属鉱業㈱に商号変更
1955年4月 黒崎工場設置(2000年11月 同工場は九州工場に統合)
1956年9月 東谷鉱山操業開始
1958年5月 大手興産㈱(現三菱マテリアルテクノ㈱)設立
1962年1月 三菱レイノルズアルミニウム㈱(現三菱アルミニウム㈱)設立
1963年12月 小名浜製錬㈱設立
1969年6月 横瀬工場設置
1970年11月 大手金属㈱(現マテリアルエコリファイン㈱)設立
1973年4月 岐阜工場(現岐阜製作所)設置
1976年7月 国内金属鉱山部門を分離
1979年3月 青森セメント工場(現青森工場)設置
1983年11月 セラミックス工場設置
1985年10月 ㈱菱鉱ファイナンス(現㈱マテリアルファイナンス)設立
1988年3月 米国三菱セメント社設立
1989年10月 堺工場及び三田工場設置
1990年12月 三菱金属㈱と三菱鉱業セメント㈱が合併し、商号を三菱マテリアル㈱に変更
1991年3月 筑波製作所設置
1992年10月 三宝メタル販売㈱設立
1996年2月 インドネシア・カパー・スメルティング社設立
1998年7月 宇部三菱セメント㈱設立。同年10月、同社にセメントの販売及び物流に関する営業を譲渡
2004年4月 ㈱神戸製鋼所と銅管事業を統合、㈱コベルコマテリアル銅管設立
2005年10月 北海製罐㈱(現ホッカンホールディングス㈱)と飲料用アルミ缶事業を統合、ユニバーサル製缶㈱設立
2007年4月 三菱マテリアルポリシリコン㈱を吸収合併して、四日市工場を設置
2008年2月 三菱伸銅㈱を株式交換により、完全子会社化
2009年12月 ㈱ダイヤメットを完全子会社化
2010年3月 三菱電線工業㈱を株式交換により、完全子会社化
2012年12月 MCCデベロップメント社がロバートソン・レディ・ミックス社を完全子会社化
2014年4月 三菱マテリアルツールズ㈱を吸収合併
2015年4月 日立ツール㈱(現㈱MOLDINO)を連結子会社化
2017年5月 MMCカッパープロダクツ社(現ルバタ社)を通じ、ルバタ・エスポー社及び同社子会社2社より同社グループの加工品部門を取得
2019年6月 指名委員会等設置会社へ移行
2020年4月 三菱伸銅㈱を吸収合併して、若松製作所及び三宝製作所を設置