サンユウの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 27億7100万 円
銘柄コード 5697(市場第二部(内国株))

株式会社サンユウは大阪府枚方市に本社をおく企業。1957年、みがき棒鋼の製造・販売を目的に三友シャフト工業株式会社として設立され、東大阪市に工場を建設。1996年大証二部に上場。2013年市場統合により東証二部上場となる。自動車や各種産業機械等の重要保安部品、精密機械部品に使用される高付加価値製品としてみがき棒鋼および冷間圧造用鋼線を扱い、自動酸洗、熱処理炉、異型引抜用ダイス、三次加工設備など生産ラインで随一の設備や機械、技術を導入している。


1957年1月 大阪府大阪市西区九条中通一丁目105番地に、みがき棒鋼の製造・販売を目的として、三友シャフト工業㈱を設立。東大阪市新家62番地に工場を新設。
1966年12月 大阪府枚方市大字春日860番地に枚方工場建設、第一期工事完成。
1969年7月 枚方工場第二期工事完成。東大阪市の工場から機械設備を枚方工場に移設。本社を枚方市大字春日860番地に移転。
1972年5月 みがき棒鋼の精密機械加工専門工場として、サンパック興業㈱(現 加工部)をサンユウ役員等の出資により設立。
1990年12月 新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)室蘭製鐵所構内に、室蘭工場を新設。
1991年5月 八尾精鋼㈱を吸収合併(現 八尾工場、八尾営業所)し、㈱サンユウに商号変更。
1991年11月 第三者割当増資(1,273,300千円)を実施。
1992年2月 三和精密工業㈱(現 加工部)をサンユウ100%出資の子会社とする。
1992年3月 本社社屋を本社工場内に新築。
1996年12月 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
2001年12月 ISO9001の認証を取得。
2006年6月 ISO14001の認証を取得。
2008年8月 新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)に第三者割当増資(970,175千円)を実施。
2008年8月 熊本県菊池市にサンユウ100%出資子会社の㈱サンユウ九州(現 九州事業所)を設立。
2009年7月 室蘭工場を閉鎖。
2011年4月 大同磨鋼材工業㈱の全株式を取得(サンユウ100%出資子会社)。
2013年7月 東京証券取引所市場第二部に上場。
2017年4月 サンユウ100%出資子会社の㈱サンユウ九州(現 九州事業所)を吸収合併。
2018年4月 サンユウ100%出資子会社の三和精密工業㈱(現 加工部)を吸収合併。
2018年11月 大阪ミガキ㈱の株式の過半数を取得し、サンユウの子会社とする。