エクシオグループの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 2904億800万 円
銘柄コード 1951(市場第一部(内国株))

株式会社協和エクシオは、東京都渋谷区に本社をおく企業。1954年に共同工業株式会社と日本電話工業株式会社が合併して設立。1972年東証1部上場。光ファイバーケーブルやルーター・サーバーなどを構築する通信インフラ事業、電気・土木・環境インフラ事業などのエンジニアリングソリューションを提供するほか、ネットワークインテグレーション、システムインテグレーションなどのシステムソリューションも提供。


1954年5月 日本電信電話公社の電気通信設備拡張計画に対応することを目的として資本金3,100万円にて協和電設株式会社を設立
1954年7月 建設大臣登録(ハ)第3825号をもって建設業者の認定を受ける
1954年7月 日本電信電話公社から電気通信設備請負参加資格として、通信線路工事・通信機械工事・伝送無線工事の各1級資格認定を受ける
1954年9月 共同工業株式会社(資本金1,300万円)、日本電話工業株式会社(資本金600万円)を吸収合併し、資本金5,000万円となる
1963年2月 東京証券取引所市場第二部に上場
1972年2月 東京証券取引所市場第一部に指定
1973年1月 協和通信工業株式会社と合併
1975年11月 事業目的に「設計、測量」業務を追加
1982年12月 事業目的に「情報処理に関する業務及びこれに関連する機材、機器類の販売、賃貸、修理加工」を追加
1987年12月 事業目的に次の業務を追加
1988年12月 事業目的に「調査、製造」業務を追加
1991年5月 株式会社協和エクシオに社名変更
1996年6月 事業目的に「不動産の売買、賃貸借、仲介及び管理」業務を追加
1999年3月 本店を港区から渋谷区に移転
2000年6月 事業目的に「警備業」業務を追加
2001年4月 株式会社昭和テクノス(資本金1,481百万円)と合併し、資本金6,888百万円となる
2001年6月 事業目的に次の業務を追加
2004年4月 大和電設工業株式会社を子会社化
2004年5月 和興エンジニアリング株式会社を子会社化
2004年6月 事業目的に「労働者派遣事業及び有料職業紹介事業」業務を追加
2006年6月 事業目的に「放置車両確認事務」業務を追加
2010年5月 池野通建株式会社を子会社化
2011年11月 アイコムシステック株式会社を子会社化
2013年6月 事業目的に次の業務を追加
2015年7月 和興エンジニアリング株式会社と池野通建株式会社が合併し、株式会社エクシオテックとなる
2018年10月 シーキューブ株式会社、西部電気工業株式会社、日本電通株式会社を子会社化
2019年3月 協和エクシオ子会社のEXEO GLOBAL Pte.Ltd.によるDeClout Limitedの子会社化
2020年6月 事業目的に次の業務を追加