日本製鉄【5401】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

1兆7447億9000万円

日本製鉄【5401】 歴史

市場

市場第一部(内国株)

時価総額

1兆7447億9000万円

沿革

1970年3月 八幡製鐵㈱と富士製鐵㈱が合併し、商号を新日本製鐵㈱に変更東京をはじめ全国8証券取引所に株式を上場
1971年4月 富士三機鋼管㈱と合併
1974年6月 エンジニアリング事業本部を設置
1984年4月 新日本製鉄化学工業㈱及び日鐵化学工業㈱が合併し、商号を新日鐵化学㈱に変更
1984年7月 新素材事業開発本部を設置
1986年7月 エレクトロニクス事業部を設置
1987年3月 新日鐵化学㈱、東京証券取引所に株式を上場
1987年6月 新素材事業本部、エレクトロニクス・情報通信事業本部及びライフサービス事業部を設置
1988年4月 日鐵コンピュータシステム㈱、日本製鉄情報システム部門を統合し、商号を新日鉄情報通信システム㈱に変更
1989年6月 ライフサービス事業部をエンジニアリング事業本部に編入
1991年6月 中央研究本部と設備技術本部を統合し、技術開発本部を設置
1991年9月 総合技術センターを設置
1993年6月 LSI事業部を設置
1997年4月 シリコンウェーハ事業部を設置
1998年4月 都市開発事業部をエンジニアリング事業本部から分離
1999年4月 LSI事業部を廃止
2001年4月 ㈱日鉄ライフ、商号を㈱新日鉄都市開発に変更
2002年4月 ㈱新日鉄都市開発、日本製鉄都市開発事業部を統合
2002年10月 新日鉄ソリューションズ㈱、東京証券取引所に株式を上場
2003年7月 新日鐵化学㈱を完全子会社化
2004年4月 シリコンウェーハ事業部を廃止
2006年7月 エンジニアリング事業本部、新素材事業部において遂行する事業を会社分割により新日鉄エンジニアリング㈱、新日鉄マテリアルズ㈱へ事業承継
2012年10月 住友金属工業㈱と合併し、商号を新日鐵住金㈱に変更㈱新日鉄都市開発は、興和不動産㈱と合併し、商号を新日鉄興和不動産㈱に変更、同社は連結子会社から持分法適用関連会社へ新日鉄エンジニアリング㈱、商号を新日鉄住金エンジニアリング㈱に変更新日鐵化学㈱、商号を新日鉄住金化学㈱に変更新日鉄マテリアルズ㈱、商号を新日鉄住金マテリアルズ㈱に変更新日鉄ソリューションズ㈱、商号を新日鉄住金ソリューションズ㈱に変更
2017年3月 日新製鋼㈱を子会社化
2018年10月 新日鉄住金化学㈱及び新日鉄住金マテリアルズ㈱が合併し、商号を日鉄ケミカル&マテリアル㈱に変更
2019年1月 日新製鋼㈱を完全子会社化
2019年3月 山陽特殊製鋼㈱を子会社化
2019年4月 商号を日本製鉄㈱に変更新日鉄住金エンジニアリング㈱、商号を日鉄エンジニアリング㈱に変更新日鉄住金ソリューションズ㈱、商号を日鉄ソリューションズ㈱に変更
2020年4月 日鉄日新製鋼㈱と合併