セルソース【4880】 歴史

市場

グロース市場

時価総額

718億9800万円

セルソース【4880】 歴史

市場

グロース市場

時価総額

718億9800万円

沿革

2015年11月 東京都港区西麻布に再生医療支援を事業目的としたセルソース株式会社(資本金90百万円)を設立
2016年3月 東京都渋谷区渋谷に「再生医療センター」として、CPC(Cell Processing Center)を開設
2016年3月 「FatBankサービス」及び「血液由来加工受託サービス」を開始
2016年4月 「美顔器の仕入販売」を開始
2016年5月 Medikan Co., Ltdと同社医療機器製品の日本国内独占販売契約を締結
2016年6月 「医療機器製造業許可」並びに「第三種医療機器製造販売業許可」を取得
2016年8月 「医療機器販売」を開始
2016年8月 「化粧品製造販売業認可」を取得
2017年2月 「再生医療センター」において、「特定細胞加工物製造許可」を取得
2017年5月 「脂肪由来幹細胞加工受託サービス」を開始
2017年5月 「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に即した医療の提供を支援する「再生医療等法規対応サポートサービス」を全面提供開始
2017年7月 「シグナリフト」ブランドの化粧品の販売を開始
2018年1月 「高度管理医療機器等販売業許可」を取得
2018年8月 多血小板血漿(PRP)を加工し長期保管を可能にするPFCフリーズドライ製法の特許取得
2018年11月 東京都渋谷区渋谷に本社を移転
2018年11月 化粧品「シグナリフト」ブランドの保湿クリーム「エンリッチクリーム」の販売を開始
2019年6月 国立大学法人大阪大学と、エクソソームを含む細胞分泌物を用いる治療法確立を目的とした「共同研究契約」を締結
2019年10月 東京証券取引所マザーズ市場に上場
2019年11月 住商ファーマインターナショナル株式会社と「脂肪由来幹細胞の分譲に関する契約」を締結し研究用途での提供を開始
2020年3月 不妊治療を目的とした「産婦人科」向けの血液由来加工受託サービスを開始
2020年12月 国立大学法人大阪大学と、脂肪幹細胞由来エクソソーム等を用いた「慢性閉塞性肺疾患治療」に関する「共同研究契約」を締結