UP Fintech Holding Limited 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 11億9611万6000 ドル
銘柄コード TIGR(NASDAQ)

事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

UP Fintech Holding Limited(アジアでは「Tiger Brokers」として知られている。以下、UP Fintech)は、中国の投資家に焦点を当てた大手オンライン証券会社だ。UP Fintech独自のモバイルおよびオンライン取引プラットフォームにより、投資家は世界中の複数の取引所で株式やその他の金融商品の取引を行うことができる。UP Fintechは、「モバイル・ファースト」戦略により、革新的な商品やサービスを提供し、優れたユーザー体験をお客様に提供している企業だ。UP Fintechは、取引注文の発注と執行、信用取引、IPOの募集、ESOP管理、投資家教育、コミュニティディスカッション、カスタマーサポートなど、総合的な仲介サービスと付加価値の高いサービスをお客様に提供しており、独自のインフラと高度な技術により、複数の通貨、複数の市場、複数の商品、複数の執行会場、複数の清算機関での取引をサポートしている。

事業内容・サービス内容

UP Fintechは、世界中の中国人投資家のために革新的な証券取引プラットフォームを開発に成功した企業だ。APPとウェブサイトから簡単にプラットフォームにアクセスすることができる。UP Fintechは、取引注文の発注と執行、証拠金融資、口座管理、投資家教育、コミュニティディスカッション、カスタマーサポートなどの総合的な仲介サービスと付加価値サービスをお客様に提供しており、これらすべてを数回のタップやクリックで利用することができることが特徴だ。堅牢なインフラと高度な技術に裏打ちされた「モバイルファースト」戦略により、お客様により良いサービスを提供し、お客様を維持し、新規のお客様を惹きつけることに成功している。

UP Fintechは、独自の最先端技術を有する企業だ。独自のインフラと高度な技術は、複数の通貨、複数の市場、複数の商品、複数の執行会場、複数の清算機関での取引をサポートすることができる。独自の技術は、UP Fintechの絶え間ないイノベーションを支えるバックボーンであり、効率的で一流のサービスを費用対効果の高い方法で提供することを可能としている。

2015年8月に初めてサービスを開始そて以来、ユーザーの多様なニーズに対応し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、100以上のバージョンのアップデートを行ってきた。主にオンラインチャネルを通じてマーケティング活動を行う「第三世代」のブローカーとして、UP Fintechのデジタル取引システムは、テクノロジーの活用、モバイルプラットフォーム、高度な市場分析ツールとアルゴリズムによるユーザー体験の最適化を重視しており、多様性の高い頻繁な取引活動をサポートしている。UP Fintechは、より高度な技術力、より幅広い商品やサービス、より良いユーザー体験を提供することで、従来のブローカーと比較して競争上の優位性を保っている。

UP Fintechは主に、有価証券の取引に対して顧客に手数料を請求すること、また、取引活動のためにUP Fintechまたは第三者が顧客に提供する信用融資や有価証券の貸借取引から生じる、またはそれに関連する利息収入や融資サービス料を得ることで収益を得ている。2017年、2018年、2019年のUP Fintechの収益は、それぞれ16.9百万米ドル、33.6百万米ドル、58.7百万米ドルでった。UP Fintechは、2017年、2018年および2019年にそれぞれ790万米ドル、4430万米ドルおよび590万米ドルの純損失を計上している。

2017年、2018年、2019年のUP Fintechの収益は、主にニュージーランド、中国、米国などで発生した。ニュージーランド子会社は、2019年12月31日に終了した年度の総収入の85%以上に貢献している。


参照 FORM 20-F(提出日:2020年4月29日)