北陸電気工事 沿革

銘柄コード

1930 (市場第一部(内国株))

時価総額

253億5000万円

北陸電気工事 沿革

銘柄コード

1930 (市場第一部(内国株))

時価総額

253億5000万円

1946年9月 本店を富山市桜橋通り1番地に移転
1948年12月 高岡営業所を支店に変更
1949年10月 建設業法による建設大臣登録を受ける
1954年8月 本店を富山市東田地方5番地に移転(1965年4月住居表示変更により富山市東田地方町1丁目1番1号となる)
1960年10月 七尾営業所を支店に変更
1963年5月 「屋内管工事」の営業を開始
1966年1月 大阪支店を設置
1966年10月 東京支店を設置
1972年11月 事業目的の明確化を図るため電気工事・屋内管工事と表わしていたものを電気工事・管工事・電気通信工事・消防施設工事に改める
1973年9月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-48)第1677号を受ける
1974年6月 建設大臣許可(般-49)第1677号を受ける
1982年6月 「水道施設工事・土木工事」の営業を開始
1982年7月 敦賀営業所を支店に変更
1986年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場
1990年12月 東京証券取引所市場第二部に上場
1991年9月 「鋼構造物工事」の営業を開始
1992年9月 東京証券取引所市場第一部・大阪証券取引所市場第一部に上場
2003年9月 「塗装工事」の営業を開始
2007年9月 大阪証券取引所市場第一部の上場を廃止
2009年4月 新川支店・小松支店を設置
2011年5月 本店・富山支店を富山市小中269番に移転
2019年4月 新川支店・小松支店・敦賀支店を支社に変更