イマジニアの歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 109億5800万 円
銘柄コード 4644(JASDAQ(スタンダード・内国株))

イマジニア株式会社は東京都新宿区に本社をおく企業。1986年設立。「想像をカタチに変える」をコンセプトに、主にモバイル向けのコンテンツやサービスを提供。月額サービス『いつでもリラックマ』やNTTドコモ スゴ得コンテンツ™/auスマートパスにて『□いアタマを○くする。 forスゴ得』『キティ☆デコ素材&便利アプリいろいろ』を展開するほか、教育事業、再生可能エネルギー事業、ソーシャルゲーム、出版物『野球太郎』の企画制作なども展開。


1986年1月 ゲームソフトの開発、製造及び販売を主たる目的として、東京都新宿区西新宿二丁目7番地1号にイマジニア株式会社を資本金1億円をもって設立
1986年11月 メディアミックス型ファミコン用ソフトとして「銀河伝承」を発売
1988年2月 大人向けファミコン用ソフトとして「松本亨の株式必勝学」を発売
1990年3月 海外パソコンゲームの版権取得に乗り出し、パソコン用都市開発シミュレーションソフト「シムシティ」を発売
1990年12月 海外での販売を目的として米国現地法人「Imagineer International Inc.」設立
1990年12月 スーパーファミコン用ソフト「ポピュラス」を発売
1993年1月 海外販売強化のため、ドイツ現地法人「Imagineer Deutschland GmbH」設立
1993年2月 事業拡大のため、三澤株式会社よりミサワエンターテインメント株式会社の株式取得
1993年4月 千葉荏原電機株式会社と合併し、額面金額を50,000円から50円に変更
1993年4月 ズーム株式会社との提携を強化すべく、共同出資でイマジニアズーム株式会社設立
1993年7月 将来的な中国進出に備えるため、香港現地法人「Imagineer STD(HK)Limited」設立
1993年8月 海外販売強化のため、英国現地法人「Imagineer(UK)Limited」設立
1993年8月 海外販売強化のため、米国現地法人「Imagineer America Inc.」設立
1993年8月 パソコン及びファミコン関連アクセサリー機器の海外製造、輸入取引開始
1994年3月 米国での販売を集約するため米国現地法人「Imagineer International Inc.」解散
1994年4月 営業の一元化を目的として、ミサワエンターテインメント株式会社を吸収合併
1994年5月 教育事業に進出すべく、100%子会社としてミサワエデュケーション株式会社設立
1994年10月 英国での版権獲得のため、UK事務所設置
1995年1月 業績不振のため、イマジニアズーム株式会社解散
1995年3月 海外ゲーム市場悪化に伴い、英国現地法人「Imagineer(UK)Limited」解散
1995年3月 海外ゲーム市場悪化に伴い、米国現地法人「Imagineer America Inc.」解散
1995年3月 海外ゲーム市場悪化に伴い、ドイツ現地法人「Imagineer Deutschland GmbH」売却
1995年3月 パソコン周辺ハードウェアの製造販売を開始
1995年5月 スーパーファミコン用ソフト「シムシティ2000」発売
1995年8月 幼児用教育ソフト「育脳塾」シリーズを製作発売
1995年12月 教育事業をイマジニアに集約するため、ミサワエデュケーション株式会社解散
1995年12月 開発力強化のため、イマジニアインタラクティブ株式会社設立
1996年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録
1996年12月 NINTENDO64用ゲームソフト「超空間ナイタープロ野球キング」発売
1996年12月 ゲームボーイ用学習ソフト「合格ボーイシリーズ」発売開始
1997年2月 公募増資により資本金26億69百万円
1997年11月 ゲームボーイ用ソフト「メダロット」発売
1998年8月 歩数計機能付き携帯ゲーム機「ポケットハローキティ」発売
1998年10月 海外事業拡充のため、米国現地法人「Imagineer Studios Inc.」設立
1998年11月 ゲームボーイカラー用ソフト「サンリオタイムネット」発売
1998年12月 株式会社サンリオと共同で、キャラクター管理会社タイムネット株式会社設立
1999年7月 NINTENDO64用ゲームソフトタイトルの見直しに伴い、イマジニアインタラクティブ株式会社解散
1999年8月 iモード向け携帯電話コンテンツ「ハローキティの易暦」サービス開始
1999年12月 海外提携先との調整拠点を集約するため、英国のUK事務所閉鎖
2000年9月 事業拡大のため、株式会社IEインスティテュート及び株式会社ガマ・インターネット・テクノロジィの株式取得
2001年1月 iアプリ対応「ハローキティの易暦」サービス開始
2001年7月 海外事業縮小のため、「Imagineer Studios Inc.」解散
2001年12月 グループ会社見直しのため、株式会社ガマ・インターネット・テクノロジィ解散
2003年1月 事業拡大のため、中国現地法人「三澤建材(上海)有限公司」設立
2003年2月 意思決定及び業務執行の迅速化による経営機構の強化を図るため、執行役員制度を導入
2003年3月 グループ会社見直しのため、株式会社IEインスティテュートの株式売却
2003年3月 現地法により「Imagineer STD (HK) Limited」清算結了
2003年10月 事業見直しのため、中国現地法人「三澤建材(上海)有限公司」解散
2004年10月 ミサワリゾート株式会社と共同で、ゴルフサービス事業会社モバイルゴルフオンライン株式会社を設立
2004年10月 ゴルフサービス事業強化のため、茨城県の勝田ゴルフ倶楽部を取得
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
2004年12月 キャラクタービジネスの見直しのため、タイムネット株式会社解散
2005年4月 パッケージソフトウェア事業強化のため、ロケットカンパニー株式会社の株式を取得し子会社化
2005年6月 ゴルフサービス事業強化のため、モバイルゴルフオンライン株式会社の株式を追加取得し子会社化
2005年12月 子会社モバイルゴルフオンライン株式会社の社名をゴールドゴルフ株式会社に変更
2006年5月 パッケージソフトウェア事業強化のため、子会社ロケットカンパニー株式会社にて株式会社デルタアーツ株式を取得し関連会社化
2006年9月 ニンテンドーDS用ソフト「財団法人日本漢字能力検定協会公認 漢検DS」発売
2006年10月 サービスノウハウの蓄積や顧客ニーズの把握など当初の保有目的は達したと判断し、茨城県の勝田ゴルフ倶楽部を売却
2007年4月 モバイルサイトのシステムの新技術の研究・開発のため、ソリッドロジックス株式会社を設立
2007年11月 ゴルフサービス事業の見直しのため、ゴールドゴルフ株式会社解散
2008年8月 投資教育事業分野への参入決定
2008年10月 Wii用ソフト「シェイプボクシング Wiiでエンジョイダイエット!」発売
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)に上場
2010年4月 「投資信託提案支援システム」りそな銀行への提供開始
2011年4月 事業展開のスピードアップ及び組織運営の強化・効率化を目的としてソリッドロジックス株式会社を吸収合併
2013年4月 投資教育事業の専門性の向上と意思決定の迅速化を目的として投資教育部門をイマジニア・インベストメントエデュケーション株式会社に会社分割
2013年4月 コンテンツ及び企画力の取得を目的としてナックルボールスタジアム株式会社を吸収合併
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
2014年3月 イマジニア・インベストメントエデュケーション株式会社の全株式を売却
2015年10月 コンテンツ事業強化のため株式会社SoWhat設立
2016年6月 監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行
2016年7月 事業展開のスピードアップ及び組織運営の強化・効率化を目的としてロケットカンパニー株式会社を吸収合併
2018年12月 Nintendo Switchソフト「Fit Boxing」発売
2020年1月 スマートフォンゲーム「メダロットS」サービス開始