日本特殊塗料 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 226億2000万 円
銘柄コード 4619(市場第一部(内国株))

日本特殊塗料株式会社は東京都北区に本社をおく企業。1929年、長年航空機用塗料の研究を続けてきた仲西他七によって、日本特殊塗料合資会社として設立。最初の製品は航空機用塗料「T・T(テー・テー)金属用塗料」。1951年セメント瓦用塗料「スレコート」、1953年自動車用防音・防錆塗料「ニットク・アンダーシール」を発売。1967年、防音材メーカーであるスイスのマテック・ホールディング社(現オートニウム・ホールディング社)と技術提携し、吸・遮音材「タカ」「タカポール」の生産を開始。