富士製薬工業の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 285億6600万 円
銘柄コード 4554(市場第一部(内国株))

富士製薬工業株式会社は東京都千代田区に本社をおく企業。1954年富士薬品商会として設立し、1965年株式会社に組織変更。1972年副腎皮質ホルモン製剤「デキサン」を発売。1978年には抗生物質製剤、1984年外皮用薬(軟膏・クリーム)、1996年尿路・血管造影剤「オイパロミン」を発売。2004年にはJASDAQに上場。2011年東証二部、2012年東証一部に上場。2013年には新薬「オプチレイ注」を販売移管により販売開始。


1965年4月 医療用医薬品の製造及び販売を目的として、資本金250万円で東京都足立区北鹿浜町2083番地に
1972年2月 整形外科向けに副腎皮質ホルモン剤「デキサン」を発売
1973年7月 名古屋市千種区に名古屋支店(現 東海北陸支店)を開設
1973年10月 富山県富山市に新工場が完成し旧工場から移転
1973年11月 富山工場敷地内に研究棟及び配送センター完成
1974年4月 大阪市南区に大阪支店(現 関西支店)を開設
1976年11月 富山工場敷地内にGMP適合抗生剤注射薬棟完成
1978年4月 新たに抗生物質製剤を薬価基準に収載し発売
1979年3月 札幌市白石区に札幌支店(現 北海道・東北支店)を開設
1979年4月 本社を東京都足立区鹿浜一丁目9番11号に移転
1982年8月 産婦人科向けに体外診断用薬を発売
1994年7月 富山工場敷地内に注射剤工場を新設(2020年9月に除却)
1995年6月 日本証券業協会に株式を店頭登録
1996年7月 非イオン性尿路・血管造影剤「オイパロミン注」を発売
2000年4月 外皮用薬「エルタシン軟膏」の輸入販売を開始
2001年7月 尿路・血管造影剤「イオパーク注」を発売
2002年5月 富山工場敷地内に注射剤工場(現 第2製剤棟)を新設
2003年7月 本社ならびに東京支店を東京都千代田区紀尾井町に移転
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
2006年4月 富山工場敷地内に錠剤工場(現 第4製剤棟)を新設
2008年6月 新薬「ルナベル配合錠」(子宮内膜症に伴う月経困難症治療剤)の販売開始
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に
2011年3月 本社ならびに東京支店を東京都千代田区三番町に移転
2011年6月 富山工場敷地内に注射剤工場(第5製剤棟)を新設
2011年7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2012年7月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
2012年10月 タイ最大の医薬品製造受託企業であるOLIC (Thailand) Limitedを子会社化
2013年4月 富山工場の近隣に富山研究開発センターが完成
2013年5月 バイオ後続品「フィルグラスチムBS注シリンジ『F』」の販売開始
2013年9月 月経困難症治療剤「ルナベル配合錠ULD」の販売開始
2013年12月 「ルトラール錠」「クロミッド錠」など産科・婦人科製剤の新薬4製剤を製造販売承認の承継及び販売移管により販売開始
2014年3月 三井物産株式会社と資本業務提携契約締結
2016年1月 新薬「ウトロゲスタン腟用カプセル200mg」の製造販売承認を取得
2017年1月 OLIC (Thailand) Limitedがタイの工場敷地内に注射剤工場及び倉庫棟を新設
2018年11月 Alvotech Holdings社とバイオシミラーの日本における商業化に関しての独占的なパートナーシップ契約の締結