アステラス製薬 沿革

銘柄コード

4503 (市場第一部(内国株))

時価総額

3兆4973億6700万円

アステラス製薬 沿革

銘柄コード

4503 (市場第一部(内国株))

時価総額

3兆4973億6700万円

1939年3月 山之内薬品商会を株式会社組織に改組。(資本金18万円)
1940年10月 商号を、山之内製薬株式会社に改称。
1949年5月 東京証券取引所及び大阪証券取引所に株式を上場。
1968年11月 焼津工場 (製剤工場) 完成。
1974年11月 高萩工場 (合成工場) 完成。
1986年4月 アイルランドに山之内アイルランドCo.,Ltd.を設立。
1987年5月 西根工場 (製剤工場) 完成。
1989年3月 筑波研究センター完成。
2005年4月 藤沢薬品工業株式会社と合併し、アステラス製薬株式会社発足。
2005年4月 製剤生産機能を統合・分社化し、アステラス東海株式会社を設立。
2006年4月 原薬製造機能を統合・分社化し、アステラスファーマケミカルズ株式会社を設立。
2007年12月 がん領域の抗体医薬を専門とするバイオベンチャー、アジェンシス Inc. (米国) を買収。
2008年4月 米国にグローバル開発本社機能を有するアステラス ファーマ グローバル ディベロップメントInc.を設立。
2008年11月 インドに医薬品販売子会社アステラス ファーマ インディア PVT.Ltd.を設立。
2009年7月 ブラジルに医薬品販売子会社アステラス ファーマ ブラジルを設立。
2010年6月 がん、糖尿病/肥満の領域に事業基盤をもつOSI ファーマシューティカルズ Inc. (米国) を買収。
2010年12月 オーストラリアに医薬品販売子会社アステラス ファーマ オーストラリア Pty Ltdを設立。
2011年4月 アステラス富山株式会社及びアステラスファーマケミカルズ株式会社をアステラス東海株式会社に統合し、その社名をアステラス ファーマ テック株式会社に変更。
2013年7月 シンガポールに医薬品販売子会社アステラス ファーマ シンガポール Pte.Ltd.を設立。
2013年10月 Amgen Inc. (米国) との戦略的提携に伴う合弁会社アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社が業務開始。
2016年1月 マレーシアに医薬品販売子会社アステラス ファーマ マレーシア Sdn.Bhd.を設立。
2016年2月 眼科領域における細胞医療の研究開発に強みを持つオカタ セラピューティクス Inc. (米国) (後に社名をアステラス インスティチュート フォー リジェネレイティブ メディシンに変更) を買収。
2016年12月 がんに対する抗体医薬を開発するガニメド ファーマシューティカルズ AG (ドイツ) を買収。
2017年5月 Gタンパク質共役受容体を標的とする低分子薬を開発するオジェダ SA (ベルギー) を買収。
2018年1月 ミトコンドリア関連疾患領域における共同研究・開発提携先であるマイトブリッジ Inc. (米国) を買収。
2018年12月 がん免疫領域における共同研究・開発提携先であるポテンザ セラピューティクス Inc. (米国) を買収。
2020年1月 神経筋疾患を対象に、アデノ随伴ウイルスに基づく遺伝子治療薬を研究開発するオーデンテス セラピューティクス Inc. (米国) を買収。