壽屋【7809】 歴史

市場

JASDAQ(スタンダード・内国株)

時価総額

146億1900万円

壽屋【7809】 歴史

市場

JASDAQ(スタンダード・内国株)

時価総額

146億1900万円

沿革

1947年6月 東京都立川市曙町に玩具店「おもちゃの店 壽屋」として創業。
1953年1月 資本金30万円をもって有限会社壽屋を設立。
1963年6月 東京都立川市第一デパート内に移転。「人形と玩具 壽屋」へ店名変更。
1981年7月 「ホビーショップ コトブキヤ」に店名変更。
1983年7月 電話受付による通信販売事業開始。
1984年4月 ミニチュアの組立模型(フィギュア)の企画開発、製造販売を開始。自社製品において初のオリジナルガレージキットとなる「アーマメント」を製品化、発売。
1995年12月 アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の版権を取得し、フィギュアを自社製品化。(他社版権の使用許諾を受けた製品)「綾波レイ」「エヴァンゲリオン初号機」を発売。
1996年11月 有限会社から株式会社に組織変更。
1997年4月 「ホビーショップ コトブキヤ 立川」に店名変更。
1997年12月 ミニチュアの完成模型(フィギュア)の企画開発、製造販売を開始。イラストレーター及びキャラクターデザイナーとして活躍する天野喜孝氏デザインのガレージキットである「ナイトメア」を自社製品化、発売。
1998年4月 インターネットによる通信販売事業を開始。
1998年12月 北米へ向けての製品輸出を開始。
1999年6月 アジアへの自社製品輸出を開始。
1999年12月 ㈱スクウェア(現 ㈱スクウェア・エニックス)が開発・販売を手掛けるゲーム「ファイナルファンタジー」の版権を取得し、フィギュアを自社製品化、発売。
2000年3月 北米での販売強化を目的として、米国カリフォルニア州に卸業を手掛ける子会社のKOTO,INC.を設立。
2001年11月 米国ルーカスフィルム社(現The Walt Disney Company子会社)より版権を取得し、映画「スター・ウォーズ」のフィギュアを自社製品化。「ダース・ベイダー」を発売。
2001年11月 日本国内における小売販売拠点として、大阪府大阪市浪速区(日本橋)に「コトブキヤ 日本橋」を出店。
2002年4月 欧州への自社製品輸出を開始。
2003年12月 プラモデルの企画開発、製造販売を開始。㈱バンプレスト(現 ㈱バンダイナムコエンターテインメント)が開発・販売を手掛けるゲーム「スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS」の版権を取得し、シリーズのプラモデルを自社製品化、発売。
2004年6月 オタクの集まる街として認知され始めた東京都千代田区(秋葉原)に、小売販売拠点及び各種ホビー関連イベントスペースとして「コトブキヤ ラジオ会館」を出店。
2005年7月 米国ワーナーブラザース社より版権を取得し、映画「バットマン」のフィギュアを自社製品化、発売。
2006年4月 中国広東省・虎門地区に位置する曜達塑膠五金制品有限公司(YIU TAT PLASTICS METAL PRODUCTS CO.,LTD)へフィギュア及びプラモデルを中心とした製造委託を開始。
2006年9月 女性顧客向け製品の企画開発、製造販売を開始。㈱ニトロプラスが開発・販売を手掛けるゲーム「咎狗の血 アキラ」のフィギュアを自社製品化、発売。
2006年12月 映画「スター・ウォーズ」のフィギュア「C-3PO&R2-D2」を自社製品化、発売。スター・ウォーズオフィシャルサイトより「Best of 2006」を受賞。
2007年12月 映画「スター・ウォーズ」のフィギュア「ラルフ・マクウォーリー版ルーク VS ベイダー」を自社製品化、発売。スター・ウォーズオフィシャルサイトより「Best of 2007」を受賞。
2008年2月 自社製品、他社商品の倉庫管理業務や運送業務の委託先であった㈱スミレ・ジョイント・ロジを子会社化。
2008年2月 米国マーベル社(現The Walt Disney Company子会社)より版権を取得し、映画「アイアンマン」のフィギュアを自社製品化、発売。
2008年4月 南米、ロシアへの自社製品輸出を開始。
2009年11月 オリジナルライセンス製品の企画開発、製造販売を開始。プラモデル「フレームアームズ」シリーズを発売。
2009年11月 ホビー雑貨の企画開発、製造販売を開始。キャラクター箸「スター・ウォーズ ライトセイバーチョップスティック」を発売。米国大手総合ゲーム情報サイト「IGN.com」から多くの人に認知された人気商品として「2009年ベスト・コレクティブル賞」を受賞。
2010年12月 米国ワーナーブラザース社より世界60ヶ国以上のライセンシーの中から「最優秀ハードライセンス賞」を受賞。
2011年7月 「コトブキヤ ラジオ会館」を東京都千代田区(秋葉原)内で移転。「コトブキヤ 秋葉原館」へ店名変更。
2012年6月 中国での販売強化を目的として、上海市に100%子会社の上海寿屋進出口有限公司(非連結子会社)を設立。
2012年10月 ㈱スミレ・ジョイント・ロジの株式を全部譲渡。
2013年3月 中東、南アフリカへの自社製品輸出を開始。
2013年9月 資本金15,000万円に増資。
2013年9月 KOTO,INC.の株式を全部譲渡。
2014年2月 「コトブキヤ 日本橋」をリニューアルオープン。
2015年5月 オリジナルライセンス製品である「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ「フレームアームズ・ガール」シリーズを発売。
2015年7月 中国政府文化部及びCCG EXPO主催社より、プラモデル「フレームアームズ・ガール」シリーズが「最人気海外プラモデル賞」を受賞。
2016年1月 一般社団法人首都圏産業活性化協会よりTAMAブランド企業として認定され、「TAMAブランド大賞」を受賞。
2016年3月 東京都立川市緑町の壽屋ビルへ本社を移転。
2016年5月 本社ビル1F、2Fに地元立川市における壽屋アンテナショップとして「コトブキヤ 立川本店」を出店。
2016年9月 JR秋葉原駅の構内に「コトブキヤ エキナカ秋葉原」を出店。
2017年2月 KOTOBUKIYA US BRANCH OFFICEを開設。
2017年4月 オリジナルコンテンツ、TVアニメ「フレームアームズ・ガール」を、放送局BS11およびTOKYO MX、AT-X、インターネット動画配信サービス各社にて放映開始。
2017年9月 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式上場。
2019年6月 劇場アニメ「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド」公開。