新日本建設の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 473億900万 円
銘柄コード 1879(市場第一部(内国株))

新日本建設株式会社は千葉県千葉市に本社をおく企業。昭和39年に現・代表取締役会長である金綱一男が、有限会社金綱工務店を設立し主に住宅建設を開始したのが始まり。平成14年に東京証券取引所市場第一部に上場。実績としてホテル・ザ・マンハッタン、ザ・パークハウス水天宮前、幕張メッセ国際会議場など。


1964年10月 有限会社金綱工務店を設立し、主に住宅建築の業務を開始
1968年2月 建設業法による一級建築士事務所免許を千葉県知事より取得
1969年2月 資本金1百万円の株式会社に改組
1970年1月 本店を千葉県千葉市中央区都町に移転
1972年4月 商号を新日本建設株式会社に変更宅地建物取引業法による宅地建物取引業者免許を千葉県知事より取得
1973年9月 建設業法による特定建設業の許可のうち建築工事業・土木工事業を千葉県知事より取得
1974年2月 本店を千葉県千葉市中央区都町(旧本店の隣接地)に移転
1975年8月 建物の保守及び維持管理を目的とする株式会社建設保全サービス協会(現  株式会社新日本コミュニティー)を設立(現連結子会社)
1976年8月 建設業法による特定建設業の許可のうち建築工事業、一般建設業の許可のうち土木工事業、とび・土工工事業の許可を建設大臣(現国土交通大臣)より取得
1984年4月 営業本部内に不動産販売部を設置、自社開発の分譲住宅、マンションの販売から不動産の仲介まで業務を拡張
1989年12月 日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録
1992年2月 建設業法による特定建設業の許可のうち土木工事業、とび・土工工事業の許可を建設大臣(現国土交通大臣)より取得
1994年10月 東京証券取引所市場第二部に上場
1995年5月 不動産事業の拡充発展を図るため、新日本不動産株式会社を設立(現連結子会社)
1999年3月 「ISO 9001」認証取得(登録範囲は建築・土木構造物の設計、施工及び付帯サービス)
2002年3月 東京証券取引所市場第一部に上場
2002年3月 本店を千葉県千葉市美浜区ひび野に移転
2004年9月 「ISO 14001」環境マネジメントシステム認証取得
2006年10月 フェニックス・キャピタル株式会社より株式会社建研の全株式を取得(現連結子会社)
2006年10月 中国不動産市場へ進出するため、中国遼寧省瀋陽市に新日興進(瀋陽)房地産有限公司を設立
2006年10月 中国瀋陽市における開発プロジェクトに参画するため新日興進(瀋陽)房地産有限公司を通じて、新実業国際集団(瀋陽)房地産開発有限公司の出資持分51%を取得
2009年3月 中国瀋陽市における開発プロジェクトにおける共同事業解消に伴い、新日本建設子会社である新日興進(瀋陽)房地産有限公司が保有する、新実業国際集団(瀋陽)房地産開発有限公司の全出資持分を譲渡
2013年10月 会社設立50周年
2018年10月 中国瀋陽市における開発プロジェクトを精算するため、新日本建設子会社である新日興進(瀋陽)房地産有限公司の全出資持分を譲渡