大倉工業 沿革

銘柄コード

4221 (市場第一部(内国株))

時価総額

258億4800万円

大倉工業 沿革

銘柄コード

4221 (市場第一部(内国株))

時価総額

258億4800万円

1951年11月 商号を四国実業株式会社に変更
1955年9月 ポリエチレン加工業に進出のため丸亀工場建設に着手、1956年1月完成、操業を開始
1955年11月 商号を大倉工業株式会社に変更
1959年10月 東京工場完成、操業を開始
1960年12月 大阪工場及び福岡工場完成、操業を開始
1962年1月 大阪証券取引所市場第二部に上場
1962年4月 丸亀市中津町(現本社所在地)に本社工場(のちに丸亀第一工場)完成、操業を開始、これに伴い丸亀工場を廃止、本社事務所を本社工場内に移転
1962年10月 ラワン合板の生産に進出のため本社工場隣接地に第二工場(のちに丸亀第二工場)を建設、一部操業を開始、1963年3月完成
1964年1月 二次加工合板に進出のため本社工場内に加工合板工場(のちに丸亀第三工場、その後詫間工場内に移転)を建設、操業を開始
1964年5月 岡山工場完成、操業を開始
1964年7月 熊本工場完成、操業を開始
1964年10月 静岡工場完成、操業を開始
1966年1月 ハウス事業部を新設、土地造成ならびに建物の建売事業を開始
1967年7月 東京証券取引所市場第二部に上場
1967年11月 埼玉工場完成、操業を開始
1968年2月 詫間工場完成、操業を開始
1968年7月 冷凍事業部(のちに丸亀冷蔵営業所)を新設、旧丸亀工場敷地に冷凍冷蔵倉庫を建設、1969年2月操業を開始
1970年5月 東京・大阪両証券取引所市場第一部に上場
1971年1月 木材部門を分離し、大倉建販㈱に営業設備を賃貸してこの事業を譲渡
1971年2月 詫間工場内にパーティクルボード工場完成、操業を開始
1971年4月 滋賀工場完成、操業を開始、これに伴い大阪工場を廃止
1972年9月 本店を丸亀市に移転
1973年4月 東京・大阪両営業所を支店に昇格
1973年7月 高松市にビジネスホテル完成、子会社㈱オークラホテルを設立して運営を委託し営業を開始
1976年5月 詫間工場内に加工ボード工場完成、操業を開始
1977年5月 第四工場(現丸亀第四工場)完成、操業を開始
1978年7月 子会社大倉建販㈱及び㈱オークラホテルを吸収合併
1983年8月 港町工場完成、操業を開始
1986年4月 名古屋・福岡両営業所を名古屋支店、九州支店に昇格
1987年4月 新規材料事業部及びホテル事業部を新設
1988年3月 オークラホテル丸亀の営業を開始
1990年9月 新規材料事業部の第二機能材工場完成、1991年3月操業を開始
1991年4月 詫間工場内に部材加工工場完成、操業を開始
1991年9月 埼玉工場内に東松山製版工場完成、操業を開始
1991年11月 電算室及び港町工場を分離独立し、オークラ情報システム㈱(現・連結子会社)及び㈱ユニオン・グラビア(現・連結子会社)を設立、1992年1月業務開始
1992年1月 丸亀第五工場完成、操業を開始
1995年2月 仲南工場完成、操業を開始
1995年12月 詫間工場内の合板工場を廃止
1996年11月 オークラホテル丸亀及びオークラホテル高松を分社化し、㈱オークラホテル丸亀及び㈱オークラホテル高松を設立、1997年1月1日より営業を開始
1999年5月 丸亀第二工場内の合板工場を廃止
2001年9月 福岡工場と熊本工場を統合し名称を九州工場(第二事業所)に変更、これに伴い福岡工場を廃止九州工場(第一事業所)完成、操業を開始
2003年4月 住宅事業を分社化し、㈱オークラハウス(現・連結子会社)を設立し、営業を開始
2003年5月 大阪証券取引所市場の上場を廃止
2003年6月 丸亀第三工場を詫間工場内に移転し、詫間工場と統合
2003年9月 丸亀冷蔵営業所を廃止
2004年1月 ㈱オークラホテル丸亀及び㈱オークラホテル高松が合併し、オークラホテル㈱(現・連結子会社)を設立
2004年9月 合成樹脂事業の九州地区を分社化し、㈱九州オークラ(現・連結子会社)を設立
2006年4月 丸亀第一工場を仲南工場へ移転統合するとともに分社化し、㈱オークラプロダクツ香川を設立岡山工場を分社化し、㈱OKプロダクツ岡山を設立
2007年5月 ㈱九州オークラが㈱大成を吸収合併
2007年7月 合成樹脂事業の主として関西・中部地区の汎用製品事業を分社化し、㈱関西オークラ(現・連結子会社)を設立合成樹脂事業の関東以北地区の汎用製品事業を分社化し、㈱関東オークラ(現・連結子会社)を設立
2008年4月 ㈱OKプロダクツ岡山が中村化成㈱を吸収合併
2008年11月 エビス工業㈱を清算
2009年1月 高松営業所を廃止するとともにプレカット事業を分社化し、㈱オークラプレカットシステム(現・連結子会社)を設立
2016年7月 ㈱オークラプロダクツ香川が㈱OKプロダクツ岡山を吸収合併し、㈱オークラプロダクツ(現・連結子会社)に商号変更
2018年1月 オークラホテル㈱が㈱岡山ビジネスホテルを吸収合併
2019年1月 合成樹脂事業の主として東日本地区のラミネート製品事業及びアグリマテリアル製品事業を
2019年3月 オークラホテル㈱のオークラホテル高松が固定資産売却に伴い、営業を終了