三菱製紙 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 145億4100万 円
銘柄コード 3864(市場第一部(内国株))

三菱製紙株式会社は東京都墨田区に本社をおく企業。1898年神戸市三宮でウォルシュ氏兄弟が経営していた製紙会社を岩崎久弥が譲り受け、合資会社神戸製紙所を設立し洋紙の抄造と販売を開始。1902年上質紙「金菱」の製造を開始。現在は各種紙関連製品を製造するほか、印刷感材技術を活用した電子材料、銀ナノ、タッチパネル用導電性フィルム、太陽電池用色素やデジタルサイネージ、空間演出に最適な「彩美s<SaiVis>」、銀塩写真技術を応用した金属膜安定化技術「三菱製紙シルバープレーティングシステム」などを展開。


事業内容とビジネスモデル