耐久温度は-22℃〜50℃!?作業現場用スマホ「Sonim Technologies」が新規上場

耐久温度は-22℃〜50℃!?作業現場用スマホ「Sonim Technologies」が新規上場

IPO

作業現場で必要とされる頑丈なスマートフォンを販売する「Sonim Technologies」がナスダックに上場申請書を提出しました。

工事現場用のスマートフォンを販売する「Sonim」

Sonimは1999年に『NaviSpin.com』として創業され、2001年に現在の社名である「Sonim Technologies」に変更しました。

2018年の売上は1.4億ドル

前年比の売上成長率は129.8%

売上の推移を見てみると2017年には0.6億ドルだった売上が2018年には1.4億ドルにまで増加。前年比129.8%の増収となっています。

さらに2017年の営業損失は-677万ドルでしたが、2018年には営業利益539万ドルほどを稼ぎ出しています。

Sonimは一体どのようなスマートフォンを販売しているのでしょうか。

ここから先は有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。 

・Sonimのスマホの耐久温度は-〇〇℃〜〇〇℃
・携帯電話の価格帯は〇〇ドルから〇〇ドルほど
・スマートフォンの売上が〇〇%を占める
・株主には大手通信会社〇〇も名を連ねる
・ターゲットとなる労働人口は〇〇万人

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン