企業の廃棄在庫は年間22兆円!マーケットプレイス事業拡大で爆速成長する「オークファン」

企業の廃棄在庫は年間22兆円!マーケットプレイス事業拡大で爆速成長する「オークファン」

注目企業

今回取り上げたいのは「オークファン」(証券コード: 3674)です。

公式HP

2007年にデファクトスタンダードのメディア事業を分社化して誕生。18/9期売上は59億円(+60%)

オークファンはもともと、「ブランディア」などを展開するデファクトスタンダードのメディア事業として始まりました。

デファクトスタンダードは2006年、ネットオークションの価格比較サイト「オークション統計ページ(仮)」を買収してメディア事業を開始。

その翌年に分社化してオークファンが設立された、という経緯になっています。


2011年には総合分析ツール「オークファンプロ」を開始し、翌年に多店舗ネット販売管理サービス「CloudShop」を買収。

2013年に東証マザーズへの上場を果たしています。

業者向け卸売ECモールを展開する「NETSEA」や「リバリュー」を子会社化し、マーケットプレイス事業にも参入しました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

40%成長をキープも株価は下落 「Etsy」2019年1Q決算

40%成長をキープも株価は下落 「Etsy」2019年1Q決算

世界最大のハンドメイドEC「Etsy」(ティッカーシンボル: ETSY)の2019年1Q決算が発表されました。

リユース新時代に適応できるか?明治時代にルーツをもつ「コメ兵」の歴史と現在の事業戦略

近年、リユース領域では「メルカリ」「フリル(現ラクマ)」など、「フリマアプリ」と呼ばれる領域が急速に成長しています。

リユース関連のサービスは、「ブックオフ」「ヤフオク」に代表されるように以前から身近なものでしたが、直近のフリマアプリの普及や、「CASH」「パソダッシュ」などの即時買取モデルの出現により更に勢いを増しています。