メガネから髭剃りのD2Cまで!世界のD2Cブランド大特集(前編)

メガネから髭剃りのD2Cまで!世界のD2Cブランド大特集(前編)

スタートアップ

前回までアパレルチェーンの変遷の歴史をまとめてきました。(SPAの登場〜D2Cの台頭まで!アパレル・サプライチェーンの歴史まとめ


今回は世界のD2Cブランドについて見ていきたいと思います。

D2CとはDirect to Consumerの略で、自社で企画、製造した商品を直接自社のECサイトで販売するビジネスモデルです。

ユニクロなどのSPAとの違いは、主な販路を自社ECサイトにしているところです。

さらに広告は主にSNSで行い、実店舗は販売目的ではなく、顧客に『体験』を提供することを目的としています。

それではさっそく世界のD2Cブランドについてそれぞれまとめていきたいと思います。

Reformation:エコ×ファッション

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

創業者の眼鏡紛失がきっかけ!『Warby Parker』の創業ストーリー

創業者の眼鏡紛失がきっかけ!『Warby Parker』の創業ストーリー

特集

アメリカの眼鏡D2Cスタートアップに『Warby Parker』という企業があります。

アメリカでぐんぐんシェアを伸ばしており、今までまとめてきたD2C企業と同様にWarby Parkerもユニコーン企業に成長しています。

4年で売上約2倍「メガネスーパー」のリアル店舗改革

4年で売上約2倍「メガネスーパー」のリアル店舗改革


メガネ、コンタクトレンズなどの販売を行う全国チェーン店の”メガネスーパー”などを運営している「ビジョナリーホールディングス」(証券コード:9263)が19/4期本決算を発表しました。

半年でメガネ285万本販売!「ジンズ」
2019年8月期2Q決算

半年でメガネ285万本販売!「ジンズ」
2019年8月期2Q決算

注目企業

株式会社ジンズ(証券コード:3046)の2Q決算が発表されました。