中国医師の大半を囲い込み!積極投資で主力事業が伸びてる「エムスリー」2019年2Q決算まとめ

医療分野に特化しているインターネット企業「エムスリー」(証券コード:2413)の決算が発表されたので見ていきたいと思います。

売上収益は25.8%増加の264億円、営業利益はやや減少して60億円

今四半期の売上収益は264億円、営業利益は60億円です。

エムスリーは2Q(7月〜9月)に売上が減少する季節性があります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

トップ製薬会社の90%以上が利用!臨床開発の特化型SaaSでプラットフォームを築く「メディデータ・ソリューションズ」

今回は臨床開発の領域に特化したクラウドサービスを提供している、ライフサイエンス業界のプラットフォーマー「メディデータ・ソリューションズ」を取り上げます。

なぜエムスリーは高い収益性を保ったまま売上を大きく成長させ続けることができるのか?

今回は、インターネット企業の中でも医療分野に特化するエムスリーについて調べます。

始まりは2000年9月で、ソネット・エムスリーとして設立され、10月から「MR君」の提供を開始。

歯科医療ポータルを展開するエムスリーグループ企業「メディカルネット」

メディカルネットはエムスリーのグループ企業で、歯科医療や育児、美容などのポータルサイトを運営するほか、企業向けにWeb制作やマーケティング支援などを展開する企業。具体的には次のサービスを展開している。

歯科医療プラットフォームビジネス