ガイアックス卒業生が創業!サブスク移行を進めるデジタル素材マーケットプレイス「ピクスタ」

写真などデジタル素材のマーケットプレイスを提供する「ピクスタ」について見ていきたいと思います。

創業者である古俣大介氏は1976年生まれ、埼玉県出身。

起業家だった両親の姿を見ていたことや、 ソフトバンクの孫社長の本を読んで感銘を受けたことから起業を意識していました。

起業するならインターネットを活用したビジネスと決めており、大学生時代にコーヒー豆を販売するECサイトや古着を販売する事業を始めました。

1999年後半にはネットバブルが起こり、ネットエイジの西川さんらが中心となっていた「ビットバレー」というムーブメントが勢いづいていました。

ある時、ガイアックス社長の上田氏が父の知人の知り合いであると聞き、会ってみたい衝動にかられたそうです。

上田氏に直接会って話を聞いたところ、自分もムーブメントを今すぐに体験しないとやばいと思いその場で入社をお願いしました。

1ヶ月ぐらいですぐに独立するつもりでしたが、結果として1年ほどガイアックスで働いていました。


EC事業の立ち上げからピクスタ創業まで

その後、EC事業を立ち上げて途中から参加した兄と二人三脚で会社を運営し、2年で年商1億円規模まで成長させました。

しかし、もともとはインターネットを通じて新しい価値を提供したいと考えていたため、次第に人が作った製品を売るだけでは満足できなくなりました。

もっとインターネットを活かせるサービスはないかと考えていた時に、アマチュアカメラマンの人たちが写真を投稿する掲示板に出会います。

この時、「アマチュアの人でもこんなに素晴らしい作品を撮れるのか」と衝撃を受けたそうです。

当時はカメラブームで一眼レフが流行っていましたが、写真愛好家の作品を活かせるサイトはほとんどありませんでした。

ECの会社を兄に譲って、2005年に一人でオンボード(現在のピクスタ)を設立。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

マーケットプレイスなのにCEO自ら10万枚も撮影!BuzzFeedも利用する「シャッターストック」

写真などデジタル素材のマーケットプレイスを提供している「シャッターストック」について見ていきたいと思います。

ざっくり言うと、アメリカ版「ピクスタ」のようなサービスです。