Yahoo!ショッピング収益性改善の一方でスマホ決済戦争に突入する「ヤフー」2018年度1Q決算

今回は、日本の代表的なインターネット企業となった「ヤフー」の2018年度1Q決算についてまとめます。

ヤフーは先日、レシピ動画「クラシル」を運営するdelyを買収したことで話題となりました。

まずは売上高と営業利益の四半期推移を見てみましょう。

全体の売上は2318億円、営業利益は475億円という規模です。

2015年8月に「アスクル」を買収したことで売上規模は倍増しましたが、その後は特に営業利益が伸び悩んでいます。


売上収益と営業利益の変化率の推移です。

アスクル買収により、2015年に売上は大幅に増加しましたが、その後は前年比で5%未満にまで成長率は落ち込みました。

今四半期は、2016年度3Q以来の10%以上増収。

営業利益については今四半期もマイナス8.86%と、減少傾向が続いています。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

【必見】月間PV数から流通総額、決済取扱高まで!ヤフーが公開した事業数値を徹底ビジュアライズ

先週の金曜日、ヤフーが2017年度第3四半期の決算を発表しましたが、その中でヤフーが「事業指標 推移表」なるものを公開していることに気づきました。

その中では、各種広告の売上高やスマートフォン比率、PV数からコマースの流通総額まで、かなり詳しい数値が公開されています。