欧米以外のユーザー比率が72%に!売上42%成長にも関わらず株価20%暴落の「Facebook」2Q決算

Facebookの2018年2Q決算が発表されました。

今回もサクサクっとまとめていきたいと思います。

GDPRの影響もあり欧州のユーザー数が減少

まずFacebookにとって重要なのは、利用するユーザー数の動向です。

DAU(1日1回以上Facebookを開く人の数)は14億7,100万人と、引き続き拡大しています。

内訳をよく見ると、北米(US&Canada)は1億8,500万人のまま変わらず、ヨーロッパは2億8,200万人(1Q)から2億7,900万人へと減少に転じています。

アジアその他の地域が伸びているため、全体としては伸び続けていますが、欧米での伸びが止まってしまった、というのは非常に大きなニュースと言えます。

アジアでの伸び牽引しているのは「インド」「インドネシア」「フィリピン」の3カ国だそうです。

前年からの増加率を計算すると、全体で10%にまで落ち込んでいます。

欧米地域は1〜3%程度の伸びに止まっていますが、アジア太平洋地域は20%、その他の地域は10%と伸び続けています。

上のグラフを見れば、全体の成長率が徐々に下がってきたというのは今に始まった事ではないということもわかります。


月間アクティブユーザー数(MAU)の変化についても確認しておきましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

前年比49%の増収!周囲の不安をよそに高成長を続ける「Facebook」の2018年Q1決算まとめ

昨晩、アメリカのテック企業の決算が立て続けに発表されたので、一通りカバーしておきたいと思います。

今回はFacebookの決算をまとめてみます。