世界初、オープンソースの商用ベンダー!企業向けにデータ統合SaaSを提供するフランス企業「Talend」

今回は企業のデータ分析を支えている「Talend」について見ていきたいと思います。

ホームページより

Talendは2005年、Bertrand Diard氏とFabrice Bonan氏によってフランスで設立されました。

データ総合プラットフォームの開発を始めましたが、独占的なアプローチをしていた既存大手ベンダーであるSAP、IBM、Oracleという巨大企業が競合相手でした。

顧客を獲得していくために、競合とは真逆の戦略である「オープンソース」かつ「分散型アーキテクチャー」という戦略をとりました。

「オープンソース」とはその名の通り、システムのソースコードを一般公開し、不特定多数の開発者が参加できるようにするというもので、OracleやIBMとは対局にあります。

設計図共有サイト」ことGithubにもTalendのページがあり、108のリポジトリを公開しています。


こうして、Talendは世界初の商用オープンソフトベンダーとなりました。

 2006年に「Talend Open Studio for data integration」をローンチ。

オープンソース企業であるTalendは無料のオープンソース版や試用版を提供することで見込み客を獲得していきました。

また、ダウンロードの大部分がアメリカであることを認識したTalendは2008年にシリコンバレー拠点を開設、アメリカでの成長を加速させました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン