ソフトバンクやアリババが投資!ナイキやスタバなどブランド企業の中国EC運営を支援する「Baozun」

今回は、中国のEコマース企業「Baozun」についてまとめてみたいと思います。

現在もCEOを務めるVincent Wenbin Qiu氏などにより2007年8月に創業。

Vincent氏は、1992年から2000年までいくつかの多国籍企業でテクニカルアーキテクトを務めた人物。

2000年には中国の消費者向けブランドに対してサプライチェーン管理ソリューションを提供する「Shanghai Erry」を創業し、2007年までCEOを務めています。


また、経営陣には「Satoshi Okada」という人物がいます。

2000年からソフトバンクで働いたのち、2008年からアリババ日本法人のCOOも務め、2014年にボードメンバー入りしたとのこと。岡田聡良氏のことのようです。

参考:躍進する新興国の活力を呼び込め!アリババ株式会社


これはもしかして、アリババやソフトバンクとの資本関係があるのか?と思って見ると、やはりありました。

「Alibaba Investment Limited」が普通株式の15.6%を保有しています。

また、「Tsubasa Corporation」も11.8%を保有していますが、どうやらソフトバンクの完全子会社のようです。

つまり、Baozunはアリババとソフトバンクの両社が投資したインターネット企業。

2015年にナスダックに上場しています。

過去5年間の業績推移を見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事