日本が遅れを取るeスポーツ市場

ゲームは娯楽の域を超え、「eスポーツ」として世界で爆発的な広がりをみせています。
総務省によると、eスポーツの市場規模は2022年に約3,300億円まで拡大する見込み。世界ではeスポーツに関する事業を展開するユニコーン企業も誕生しています。
しかし、日本はいまだ『eスポーツ後進国』で市民権を得ていません。歴史から日本の現在までを追いました。

第1回から読む